経口で使用する避妊薬

トリキュラーED

トリキュラーEDは経口避妊薬(ピル)で、内容成分がそれぞれ違う6錠、5錠、10錠、プラセボ錠の7錠の計28錠が1シートにあります。
ホルモン分泌に合わせて成分量を変えることによって、全体の薬の含有量を減らした低容量の三相性のピルです。
21日を通し、エストロゲンの含有量は変わりませんが、プロゲストーゲンの含有量だけは変化します。プラセボ錠は飲み忘れを防ぐためのもので成分は入っていません。
自然なホルモン分泌を考えた薬であり、その成分は国内発売のトリキュラーやアンジェと同じものとなっています。

 

適応症・効果・効能:
トリキュラーEDは通常の経口避妊薬の持つ避妊効果を考えて用いるほか、子宮内膜症などの女性特有の病気にも用いられ、通常の子宮内膜症で使用するピルは避妊効果が少ないため確実に避妊したい子宮内膜症の人にも使用することがあります。

 

副作用:
トリキュラーEDの副作用として、薬がホルモン環境を変えるので不正出血が起きる人もいますし、胸が張ったり痛い人もいます。吐き気が出る人もいますが、アンジェからトリキュラーに変えるとおさまった人もおり、その逆も考えられます。ほかに、40歳以上の人は血栓症などを招きやすくなるため、既往症のある人や喫煙習慣のある人は使用を制限されることもあります。
まれに、体重増加などの副作用もありますが、数ヶ月するとその不快感がなくなることが一般的なのでまずは2ヶ月3ヶ月続けてみることが大事です。

 

 

 

 

避妊薬との併用は止めたほうがいいですが、妊娠している可能性がないときにお勧めできる医薬品があります。
まつ毛育毛剤です。毎日まつ毛にひと塗りするだけで、約3か月後にはエクステと間違えられるほどまつ毛が伸びてくるようです。
服用タイプの医薬品ではありませんので、副作用も少ないようです。